123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-11-08 (Sun)
韓国に行ってきました~♪

・・・・って、去年の年末の話ですけど;;

その時の様子をまったく記録していなかったので、もう一年近く経とうとしていますが(汗)まとめておきたいと思います。

3年前にソウルに旅行して以来の、2度目の韓国です。

今回は、私たち家族と、義母の4人で、釜山に一泊二日で行ってきました。
夫の実家が福岡なので、ビートルという「海の飛行機」と言われる高速船で、釜山まで2時間55分。
ビートルについては、こちらから。

飛行機だと、どこの都市でも、空港から市街地まで結構かかることが普通だと思いますが、釜山の場合、街が港からすぐなので、一泊二日の短い旅だったのですが時間がすごく有効に使えました。

タクシーの運転手さんにホテルを告げて、連れて行ってもらいます。

今回泊まったホテルは、コモドホテル。港からすぐだったように思います。(・・・てか、見えてたような;;)
205_convert_20091108213422.jpg
見た感じが、まさに韓国~って感じです。
義母が、昔、亡くなった義父と一緒に泊まった思い出のあるホテルだということもあり、こちらにしました。

さて、韓国のタクシーですが、「模範タクシー」と、「一般タクシー」とがあり、「模範タクシー」の運転手になるには、いろんな試験みたいなのに通らないとだめなんだそうです。日本語が話せるとか、領収書を発行してくれるとか、相乗りはさせないとか・・・、とにかく一般タクシーよりサービスもよく、言葉の不自由な外国人には安心です。料金は一般タクシーよりは割高ですが、もともとのタクシー料金が日本と比べても、かな~り安いので気軽に利用できます。私たちも模範タクシーに乗ったので、日本語がとても流暢な運転手さんに、美味しくて、気取らない、地元の人に人気の食堂も教えてもらいました。

044_convert_20091108171743.jpg

韓国は、一品注文すると、付け合わせとして、ご飯、キムチ、ほうれん草のナムル、卵焼きなどが必ず付いてきます。
これが嬉しいんですよね~♪
これだけでも十分おかずになりそう!
なくなったら、いくらでも追加できるんですよ。

最近は少なくなってきたようですが、昔は、お金のない学生たちが、大勢で食堂に入って、一品だけ注文して、後は、人数分のごはんと付け合わせでお腹を満たしたりすることもよくあったそうです。
日本じゃ考えられないですよね・・・!


さて、お腹もいっぱいになってお店を出たら、こんな屋台を見つけました。
051_convert_20091108172649.jpg
鯛焼き?
私は鯛焼きが大好きなので、食べてみたかったのですが、お腹いっぱいであきらめました。残念。

053_convert_20091108173012.jpg
119と書いてあるので、これは、韓国の救急車?


ぶらぶら歩いて、国際市場に向かいました。
ちょうど、大晦日だったので、お節料理のようなものも、たくさん売られていました。
057_convert_20091108173613.jpg

それからキムチも。
061_convert_20091108174030.jpg

それから、こんなものも・・・。
059_convert_20091108173810.jpg


そして、これが、行く前からガイドブックで見ていて、絶対食べたかった韓国風ぜんざい。
095_convert_20091108174503.jpg
日本のほど甘くないのですが、その分たっぷりいただけて、冷えた体が暖まりました^^。
美味しかったです。


歩き疲れても、食べるところはたくさんあるので、適当に休憩します。
といっても、呼び込みがすごいところに、無理やり座らされる…って感じでもありましたが;;
097_convert_20091108212016.jpg
これは、娘も大好きなキンパッ(韓国風巻きずし)。
でもここのは、そんなに美味しくなかったかな・・・。
ソウルで食べたときのは、ごま油がもっと効いていて、ものすごくおいしかったんです。
他にもチヂミや、トッポキなんかも注文しました。
私は、韓国の食べ物が大好きなので、食べ歩きをするだけでも楽しいのです^^。(実は、それが一番の韓国での楽しみだったりするんですが・・・^^;)

Theme : 韓国旅行 * Genre : 旅行 * Category :
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。